So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラマ「独身貴族」第1話感想 草彅剛 このドラマは好き♪ [ドラマ・映画]


ドラマ「独身貴族」感想です。 草彅剛さん主演のこのドラマは好き♪
気になりながらも時間がなくて、録画してやっと見ています。


「独身貴族」なんてタイトルで、どんな内容かな?
もっと砕けた感じかと思ったら、草彅剛さんは映画制作会社社長兼
映画プロデューサーという硬いクールな役でした。


「独身貴族」っていうけど、これは結構深刻な問題ですよ。
日本の場合 30~34歳男性の未婚率は47%、
20代後半女性の未婚率は60%におよび、独身率は年々高まっている?

未婚率が高まるっていうことは・・・
出生率も自然と・・・。


第1話は「脚本」が用意できなくて困ってしまう
星野守(草彅剛)と星野進(伊藤英明)の兄弟と
春野ゆき(北川景子)が出会うんです。

そんなうまい偶然はないと思うんですが、
まぁドラマなので・・・。


脚本家を夢見ている春野ゆき(北川景子)は、
あちこちへ作品を応募しますが、落選してしまいます。

諦めて故郷へ帰ろうかという時に、
友達の手伝いでハウスクリーニングで行った先が、
星野守(草彅剛)と星野進(伊藤英明)の暮らすマンションだったんです。

映画制作会社社長兼映画プロデューサーとして
星野守(草彅剛)の事は知っていた春野ゆき(北川景子)。

最後の希望!!として、自分の作品原稿を置いていきます。

星野守(草彅剛)は、有名な作家にだまされて
原稿がもらえず困っていたので、部屋に置いてあった
春野ゆき(北川景子)の原稿を採用します。


ただ・・・
星野進(伊藤英明)が勝手に有名な作家の作品として
相手会社へ持って行ってしまったんですよ。
それはまずい!!

第1話は こんな流れでした。
草彅剛さんと伊藤英明さんが兄弟っていう設定が、
なんだか 面白いです。


草彅剛さんもクールで・・・
脚本が手に入れば 誰のであろうと かまわないのかと思ったら、
違うんですね~。

これは2話を見ればわかります~。

私はドラマ「独身貴族」好きですよ~。
これからが楽しみです♪





★キャスト
草彅  剛・・・クリエイティブ能力が高い映画制作会社社長兼
(星野守)   映画プロデューサー。
         人に干渉される生活が嫌いで、結婚する意味が分からない独身貴族。


伊藤英明・・・草彅剛の弟役。
(星野進)  兄の映画制作会社専務。
        卓越した交渉と営業能力を持ち、会社を支えている。
        離婚協定中。

北川景子・・・映画の脚本家になることを目指して上京
(春野ゆき) 家事代行を行い生活費を稼いでいる。
        男性の結婚観に絶望している。

       


スポンサーリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
感じたままにつぶやいて

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。