So-net無料ブログ作成

明日ママがいない最終回 魔王の娘 [ドラマ・映画]

「明日ママがいない」が最終回を迎えましたね。
魔王の娘になったのは・・・。


コガモの家の中が急にガランとしましたね。


父親と暮らすことが決まったピア美。
川島さんの所へ行く事に決まっているドンキ。
お局は看護学校の寮へ入るようです。

ボン美も可愛いですよね。
ジョリピが好きでたまらないのに、不安でいっぱいになってしまったボン美。
東條さんが迎えに来たのに、我ままを言ってしまいます。
それでも東條さんは、ボン美を幸せにしたいって言い、
ボン美も僕たちを幸せにしてくれって言いました。

そのやりとりもジ~ンときましたね。


約束するよ。
優衣子を幸せにするって。
だから優衣子も約束してくれるかい?
僕達を幸せにするって・・・。




気になるのはポスト(芦田愛)です。

ポスト(芦田愛)は担任の先生の娘として
コガモの家を出て行くのかな?

誰もがそう思って見ていたでしょうね。


でも・・・
先生の家に行ったらポスト(芦田愛)はポストでなくなる。
先生の奥さん(安達祐実)が亡くなった娘の代わりに思っているからです。

そんな事をしていたら、ポスト(芦田愛)が壊れてしまいます。


ロッカー(三浦翔平)が魔王(三上博史)に
「あなたが止めろと言えば止めます。」そう言いましたね。


先生の家に養子の手続きに行った時、
魔王(三上博史)は、この子は亡くなった娘ではない事を
先生の奥さん(安達祐実)にわからせます。


そして養子の話はなかった事にしたんですね。


それに対して「幸せになろうとしてるのに
なんでそんな事をするんだ!!」と怒るポスト(芦田愛)。


魔王(三上博史)は言いました。

一度しか言わないからよく聞け。 寂しい。
お前がいなくなると俺が寂しいんだ!
お前は・・・愛という名前じゃない・・・。

お前は・・・俺の娘だ。



赤ちゃんの時から育てたんだね(・.・;)
魔王(三上博史)も自分の子供を亡くしているから
多くの子供たちを魔王なりに想って育ててきたんだと思います。


「明日ママがいない」最終回に当たって、
急ピッチで皆が幸せになってしまった感があるけど
開始早々物議をかもしだしていたドラマだけに
ハッピーエンドで良かったと思います。


ラストのシーンもやわらかな雰囲気でしたね。
魔王(三上博史)とポスト(芦田愛)がプリクラなんて
信じられないけど~。


「明日ママがいない」が最終回
魔王の娘になったのは・・・ポスト=きららちゃんでした。



ポストは「きらら」ちゃんていう名前だったんですね。
きっと魔王が付けた名前なのかな?

私はこのドラマ良かったと思いますよ。





スポンサーリンク



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
感じたままにつぶやいて

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。