So-net無料ブログ作成
検索選択

金曜ドラマ「コウノドリ」第2話綾野剛と小栗旬のシーンは素敵だ [ドラマ・映画]

金曜ドラマ「コウノドリ」第2話あらすじと感想です。
第2話はプライベートでも仲が良いという
小栗旬さんが共演していました。


綾野剛と小栗旬.jpg



「コウノドリ」は、産婦人科医療の現場を
リアルに表現した新しい切り口の医療ドラマです。


コウノドリ2.jpg



連続ドラマ単独初主演となる綾野剛さんが、
今までとは違った優しい役柄で
とても好感が持てるんですよ。


コウノドリイラスト.jpg



謎の天才ピアニスト・BABY(ベイビー)としても
活躍するので毎回楽しみです。



*放送日:金曜22時?22時54分(TBS系)
*原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(講談社)
*主題歌:miwa「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」


あなたがここにいて抱きしめることができるなら(初回生産限定盤)(DVD付)

新品価格
¥1,365から
(2015/11/7 18:55時点)




 
★2話のあらすじと感想

 

*2話

交通事故にあった臨月を間近に控える妊婦
救急搬送されてきます。


運ばれてきた妊婦・永井晴美(川村ゆきえ)は、
頭部の外傷がひどく意識不明の状態です。


でも胎児の心音に異常はないので少しホッとします。



鴻鳥サクラ(綾野剛)は、
赤ちゃんが元気なうちに帝王切開で
出してあげた方が良いと提案します。



でも救命救急の加瀬にとって一番に優先すべきことは
患者の命を救うことなんです。



出産させることで母体の容態が急変するかもしれない。


だから帝王切開でも出産は危険なんじゃないかと
意見が合いません。

 

そこへ職場から駆けつけた晴美の夫・浩之(小栗旬)は、
加瀬から晴美の容態の説明を受けます。


あまりに突然のことで事態が飲みこめない夫・浩之(小栗旬)。



それもそのはず。
さっき電話で話したばかりだったからです。

夕飯は奮発してスキヤキねって。

 

ICUにいる晴美の姿を見て呆然と立ち尽くす浩之。



サクラ(綾野剛)は晴美とお腹の赤ちゃんの状況を
冷静に説明します。



そして赤ちゃんを助けるか、それともお母さんを助けるか。



過酷な選択を迫るのですが、
のんびりしていては
母子ともに命が危険だからです。

 

両方助けてくれ!と叫ぶ浩之(小栗旬)。

どちらかを選ぶなんて出来るわけがありません。

 


しばらく悩んで、今までの事を振り返り

晴美が以前言っていた
「自分の命よりも大切なものがあるのね」という言葉を
思い出したのです。

 

それが晴美の意志であるかのように、容態が急変。


浩之(小栗旬)は「赤ちゃんを助けて!」と言います。

 

母親の心臓が止まってしまったら
お腹の子まで亡くなってしまうので、
赤ちゃんを取り上げるまで
ずっと心臓マッサージをしていましたね。

 

小さな命を救うために、皆が真剣になっている
リアルなシーンでした。

 

赤ちゃんは無事に産まれましたが、
母親は亡くなってしまいました。

 

第1話でも涙して、やはり第2話でも涙が出てしまいました。


綾野剛 ドラマ感想ピアノも弾いて熱演今までと違う医師役

 

 

 
★キャスト

 

鴻鳥サクラ…綾野 剛

下屋加江 …松岡茉優

小松留美子… 吉田 羊

白川 領 …坂口健太郎

角田真弓 …清野菜名

加瀬 宏…平山祐介

船越拓也…豊本明長

大澤政信…浅野和之

小野田景子…綾戸智恵

向井祥子…江口のりこ

新井恵美…山口紗弥加

四宮春樹…星野 源

今橋貴之…大森南朋






スポンサーリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
感じたままにつぶやいて

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。