So-net無料ブログ作成

高齢出産と不妊治療のリスク【コウノドリ6話】あらすじと感想 [ドラマ・映画]

高齢出産と不妊治療のお話でした。
どちらもリスクがありますので考えさせられました。




【コウノドリ6話】11月20日あらすじと感想です。

『タイムリミット』があるって、
若い時には何も考えていませんが、
高齢になればなるほど卵子の元気も無くなってきます。


コウノドリ6話高齢出産.jpg



ドラマの中で言っていましたね。

卵子は女の子がお母さんのおなかの中に居る時に作られ
その数は増える事はないんだって。

そうなんだ~。

色々今回も考えさせられましたね。



★6話のあらすじと感想


*6話


今回は森口瑤子さん演じる竹下敦子43歳が
メインですね。

5年も不妊治療して辛かったと思います。

もうすぐというところまで来て、
妊娠高血圧症候群の心配が出てきたために
早めの入院となりました。




高齢で赤ちゃんを産むというのは、
母体も危険になる事が多いのです。

竹下敦子は帝王切開で産む事になります。


無事に赤ちゃんは生まれたのですが、
子宮の収縮が悪くて出血が止まらず
大変な事態になってしまいます。




産科医や新生児科の医師が揃い
万全の態勢でやっている手術。




あまりの出血の多さに子宮を
全部取らなければなりませんでした。

そうしないと母体の命が危ないからです。

出産は命がけですね。




なんだか見ていて手に力が入ってしまいましたよ。


赤ちゃんもお母さんも元気になって、
優しいご主人と一緒に育てていこうって
そのシーンは素敵でした。




「もっとはやく産めばこんなことにならなかったのかな」
そういったセリフも心に残りました。




この他にも救急搬送されてきた妊娠31週の妊婦。

すぐに手術をしたけど、子宮破裂を起こしていたため
子宮は全摘するしかありませんでした。

やっとできた赤ちゃんだったのに、
産めない場合もあるんですね。



コウノドリ2.jpg



今回も綾野剛さんは素敵でしたね~。



★1話からのあらすじと感想


綾野剛 ドラマ感想ピアノも弾いて熱演今までと違う医師役

金曜ドラマ「コウノドリ」第2話綾野剛と小栗旬のシーンは素敵だ

コウノドリ第3話あらすじと感想妊婦とタバコと胎盤はく離

綾野剛金曜ドラマコウノドリ4話あらすじ感想「超未熟児」

中学生の妊娠出産のありかたコウノドリ5話あらすじと感想







スポンサーリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
感じたままにつぶやいて

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。