So-net無料ブログ作成
検索選択

コウノドリ7話あらすじと感想助産師役で素晴らしい演技の吉田羊 [ドラマ・映画]

金曜ドラマコウノドリも7話まで進んできましたね。

今回は助産師役で素晴らしい演技の吉田羊さんが
ピカピカに輝いて見えました。


いつも元気いっぱいの役でそう見えるのですが、
今回は助産師のあり方など考えさせられました。


吉田羊画像1.jpg




★7話のあらすじと感想


*7話

妊婦の森亜沙子(南沢奈央)が、
鴻鳥サクラ(綾野 剛)の診察を受けに来ます。


そして「私はこの病院では赤ちゃんを産みたくありません」
なんてきつい発言をします。


何か原因があるのかな?


過去に何かあったのかな?と見ていると
彼女は助産院で自然分娩で産みたいと
強く望んでいる妊婦さんだったのです。




自分の母親が助産院で立派な出産をしたから、
自分もそうしなければ立派な母親になれないと
思っているようです。



鴻鳥サクラ(綾野 剛)は、
順調に育っているのでこのままいけば
助産院で産むことができると言います。




そして「何かあった時は僕ら産科医を頼ってください」
そう優しい一言も忘れません。




でも森亜沙子は「帝王切開なんて絶対嫌です、
陣痛促進薬も嫌です。


絶対に自分の力で産みます。」と攻撃的になっています。

そんなに意固地にならなくてもいいのにね。



一方 病院では、新月だ~満月だ~と言いながら
出産が多いぞ~と賑やかです。



やはり人間は動物ですから、安全な時間帯に
産気づくようになっているのかな?


夜中なら天敵も寝ている時間だし・・・。




今回は助産院と助産師の話が中心です。



助産院の院長=野々村秀子(冨士眞奈美)は、
妊婦の希望を少しでも叶えようとして
「あなたの産みたい姿勢で自然に産みましょうね」
なんて森亜沙子に言っています。


森亜沙子も笑顔で希望を伝えていました。

この助産師さんは、とても良い人です。



ペルソナ総合医療センターの合同カンファレンスにも
参加しています。


「すべての妊婦さんに安全で楽しくお産をしてほしい」
そう言っていました。




四宮(星野源)は、産科医のいない助産院で
出産することには否定的です。


何かあったら対処できないからです。




それに抗議したのが病院に勤務している
助産師小松(吉田羊)です。


「こっちも言わせてもらうけど、
あんたら産科医の中には、
妊婦のことをろくに診ないでモニターばっか見て
助産師の意見を聞かないですぐに
帝王切開だと言って腹切りすぎだしさ」
このように訴えます。



2人でちょっと やりあってしまいます。




今まで小松さんの話は出てきませんでしたが、
母親も助産師で助産院をやっていたのです。




子供の頃に小松さんはグレてしまい、
警察沙汰になることもあったようです。


そんな小松さんにお母さんはお産を見てみろと
言いました。


どんなに大変な思いをして母親が子供を産むのか
目の当たりにした小松さんは、
感動して助産師になったのです。




色々な事が起こりうる出産。


助産師は直にそんな瞬間に立ち会うのです。
全ての出産が楽でうまく行くわけではありません。


辛い事になってしまう場合もあるわけですよ。




小松さんはサクラ(綾野 剛)と話していて、
「私には無理だな。すべての責任を負うなんて。


なんかあると、産科医のあんたたちに
任しちゃうんだもね、中途半端だよね」と言います。


それを受けてサクラは

「中途半端じゃありません。
生まれたいと願う赤ちゃんに
お母さんが力を貸して、それを取り上げるのが助産師さん。

僕たちはもしもの時に動くだけで
小松さんたち助産師さんがいないと
出産は成り立たないですよ」とここでも優しい言葉。




見ていて涙が出ちゃいましたね、このシーン。




森亜沙子のお産が始まります。


野々村助産院で苦しんでいますが、
うまく赤ちゃんが出てこれない状況になっています。


野々村院長はペルソナ総合医療センターに連絡を入れます。



亜沙子は「私は絶対に嫌、こんな病院で産むなんて絶対に嫌!」
なんて言っています。

赤ちゃんが死んでしまいますよ。




野々村院長の言葉が素敵でした。


「森さん、私はずっとあなたの妊娠を見ているから
どんなに頑張っているか知っている。

でも、あなたは何でそんなに頑張っているの?

赤ちゃんのため?

それとも自分のため?

私はね、最後まであなたのお産を手伝いたかった。

でも、今あなたのお産を手伝えるのは私じゃない。
この病院の人達よ。

あなたとお腹の赤ちゃんの命より大切なものはないのよ」

そう言ってあげました。




結局帝王切開で赤ちゃんは生まれたのです。


終わりの方で小松さんと野々村院長の
会話があります。




「野々村院長は助産院をしていて強くないですか?」


「小松さん、あなたはどうなの?」


「私は怖いです。私は臆病なんです。
だから病院で働いている。」


「病院で働くのと、助産院で働くので
何が違うの?

私は自分のことを優秀な助産師だとは
思っていないけど、
40年事故がなかったのは
あなたと同じ臆病だからなのよ。


経験に頼ってお産に慣れてしまうと
いつか何か見落とすことになる。

私はね、何か違和感を感じると
すぐにペルソナさんに電話しちゃうの。

四宮先生に怒られちゃうけど、
お母さんとお腹の赤ちゃんが無事ならそれでいいの。」



今まで何かふっきれなかった小松さんですが、
自分の進む道がハッキリしたようです。



多くの医師や助産師さんのおかげで
出産出来るんですね。



★1話からのあらすじと感想


綾野剛 ドラマ感想ピアノも弾いて熱演今までと違う医師役

金曜ドラマ「コウノドリ」第2話綾野剛と小栗旬のシーンは素敵だ

コウノドリ第3話あらすじと感想妊婦とタバコと胎盤はく離

綾野剛金曜ドラマコウノドリ4話あらすじ感想「超未熟児」

中学生の妊娠出産のありかたコウノドリ5話あらすじと感想

高齢出産と不妊治療のリスク【コウノドリ6話】あらすじと感想










スポンサーリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
感じたままにつぶやいて

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。